5G対応スマホの「OPPO K10」とは?

“スマートフォンは時代の流れとともに進化を遂げており、今では高速大容量データ通信や低遅延、同時多接続というのを可能にした5Gスマホまで進化しています。
その5Gに対応しているスマートフォンは使いやすいタイプから高性能なハイスペックタイプのものまでの様々な機種がありますが、その中の一つに「OPPO K10」という5Gスマホがあり、網膜残像を軽減してなめらかな映像を楽しめる高精細大型ディスプレイや人物に素早くピントが合う高性能カメラ、複数アプリを立ち上げることが可能な高性能CPUや外出での長時間のゲームや動画視聴の際にも安心して使い続けられる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約45000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約164ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2412×1080でアスペクト比20:9の約6.59インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 778G SM7325 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、オートフォーカス、電子式手ぶれ補正、パノラマモード、プロフェッショナルモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 12(ColorOS 12.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックや液冷システムなどがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”New Samsung Galaxy S23, Galaxy S23+

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「ZTE Voyage 30」とは?

“5G通信は大容量データ通信や低遅延、同時多接続を可能にしているため、混雑している状況でも繋がりにくくなることがありません。
ですので、インターネット接続サービスを快適に楽しむことができるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「ZTE Voyage 30」という5Gスマホがあり、有機ELパネルでコントラストと発色に優れている高精細大型ディスプレイや超高速通信が利用できる5G通信に対応した高性能CPU、被写体の良さや美しさを最大限に引き出す高性能カメラや長時間使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/128GBモデルが約28000円でRAM6GB/128GBモデルが約32000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.6ミリ、重さ約181gという扱いやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、グレー、ホワイトの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.52インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MyOS 11.5)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーや冷却システム、防水・防塵機能やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

パソコンでも5G通信を体験できるスマホ「Google Pixel 5UYH2」

“今では、5G対応モデルのスマートフォンが増えてきました。日本国内でも2021年春頃から5G対応モデルが一気に増えたのですが、そんな5G対応モデルの中でも異彩を放つのが「Google Pixel 5UYH2」です。
というのも、Google Pixel 5UYH2は「ほかのスマートフォン、パソコンでも5G通信が可能になる」素晴らしいスマートフォンだからです。しかも今では、5Gなどネット接続が長時間格安で可能になるプランが散見している状況のため、Google Pixel 5UYH2のようなスマートフォンが見直されるようになりました。
Google Pixel 5UYH2の価格は、「平均では83,990円(税込)、Yahoo!では84,980円(税込)、楽天では83,990円(税込)、Amazonでは84,800円(税込)」となっておりますので、どのオンラインストアで購入されても平均の価格に近い価格で購入できるようになっています。それだけGoogle Pixel 5UYH2の価格競争は過熱している状況なので、ひとえにGoogle Pixel 5UYH2の人気ぶりをうかがうことができます。
Google Pixel 5UYH2の詳細スペックですが、「画面サイズが6.00インチ、重量は151g、ROMは128GB、本体サイズは144.7×70.4×8.0mm、OSはAndroid 11、メンテナンスは1年間、バッテリー容量は4,000mAh、防水・防塵機能あり(防水IPX8)、CPU Qualcomm® Snapdragon™ 765G 2.4 GHz + 2.2 GHz + 1.8 GHz、64 ビット オクタコア Adreno 620」となります。
Google Pixel 5UYH2はハイエンドモデルに相当するため、機能が充実しているのは確かです。ですが、ディスプレイサイズは6インチぴったりとそれほど大きくはありません。今では、ワイドディスプレイが多く販売されている状況で、大きいものでは6.5~6.9インチのディスプレイサイズも増えてきました。その代わりGoogle Pixel 5UYH2は、重量が151gしかありませんので、長時間でスマートフォンを利用することが多い人であれば、Google Pixel 5UYH2に満足できるでしょう。
もし、性能面などでよりコストパフォーマンスが高いスマートフォンを探している場合は、中華スマホなどGoogle Pixel 5UYH2以外を購入されたほうが賢明です。CPUがsnapdragon8**のようなスマートフォンも、今では8万円以内で購入できる時代となっているため、Google Pixel 5UYH2はスペック的にいまひとつな感じがぬぐえません。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「moto g31」とは?

“5Gに対応しているスマートフォンは容量の大きいデータでも快適にやり取りすることができます。
それに、5Gに対応しているスマートフォンはいつでもどこでも安心して使用することができますし、プライベートでは今まで以上の魅力的なコンテンツで様々なことを楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「moto g31」という5Gスマホがあり、動画視聴やオンラインゲームでも遅延なくスムーズに通信する高性能CPUや構図をベストな状態に自動補正してくれる高性能カメラ、極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイや旅行や長時間でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約26000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約161ミリ、厚さ約8.5ミリ、重さ約181gという持ち歩きやすくて握りやすい薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはベイビーブルーとミネラルグレイの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが60Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.4インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは10Wの急速充電や10Wのワイヤレス給電、ワイヤレス充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Helio G85 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水・防塵機能やハイレゾ音源に対応し、デュアルステレオスピーカーやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「iPhone 13 Pro」とは?

“5Gでは4Gで使用されてない高い周波数帯域を使用していますので、多くの情報量を高速通信できますし、同時に多くのデータをやり取りできますので同時多接続も可能にしています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「iPhone 13 Pro」という5Gスマホがあり、クオリティの高い写真を撮影することができる高性能カメラや迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスの5Gスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約71ミリ、高さ約146ミリ、厚さ約7.6ミリ、重さ約203gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールド、シルバー、グラファイト、ブルーの4色が用意されています。
ディスプレイは最大120Hzのアダプティブリフレッシュレートに対応して解像度2532 x 1170の約6.1インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは15WのMagSafeワイヤレス充電や最大7.5WのQiワイヤレス充電に対応している4000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはApple A15 Bionicヘキサコアを搭載していてRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBと256GBモデルと512GBモデルがあります。
カメラはF値1.8の明るいレンズと超広角レンズがついた約1200万画素+広角レンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1200万画素のインカメラが搭載されています。
また、光学ズーム、センサーシフト、ProResビデオ撮影、レーザーオートフォーカス、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、パノラマモード、スローモーション撮影、ビューティーモード、顔認識、光学式手ぶれ補正などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがiOS 15で顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーやApple Pay(Felica NFC)、防沫防水防塵(IP68)に対応して接続端子はLightningコネクタになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「HONOR Magic3」とは?

“5GはVRライブやクラウドゲームなどのエンターテイメントでも役立たせることができますし、タイムラグなしのビデオ通話やマルチアングルスポーツ中継なども実現させることができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「HONOR Magic3」という5Gスマホがあり、誰でもかんたん操作でキレイな写真が撮れる高性能カメラや5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPU、シャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや長時間の使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約79000円でRAM8GB/256GBモデルが約86000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約162ミリ、厚さ約8.9ミリ、重さ約203gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはゴールド、ブルー、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度2772×1344でアスペクト比7:9の約6.76インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは66Wの急速充電に対応している4600mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで拡張することができます。
カメラはF値1.9の明るいレンズがついた約5000万画素+モノクロ撮影ができる約6400万画素+超広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(Magic UI 5.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水防塵(IP54)やデュアルステレオスピーカー、冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”5Gって何?何が変わるのか?実際スタートしても今のところ実感はありません。しかしこちら5Gスマホについてを参照してください。

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「A52s 5G」とは?

“5Gによって通信速度が向上し、動画共有サイトや高画質動画配信サービスなどもスムーズに視聴できるようになりました。
ですので、4Gスマホから5Gスマートフォンに買い替える人が急速に増えています。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「A52s 5G」という5Gスマホがあり、豊富な撮影モードも搭載した高性能カメラや軽い使い心地を体感できる高性能CPU、高い没入感も実現している高精細大型ディスプレイや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約62000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約189gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはミント、バイオレット、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 778G 2.4GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約1200万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約500万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
また、体温測定、歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、AI自動シーン認識、HDR、オートフォーカス、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグ、ビューティモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(One UI 3.1)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「T‑Mobile REVVL V+ 5G」とは?

“5Gスマートフォンの普及によって動画や音楽などのストリーミング配信サービスも普及しています。
これによって5Gスマートフォンを使っていれば快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「T‑Mobile REVVL V+ 5G」という5Gスマホがあり、色鮮やかで発色が良くバッテリー消費が少ない高精細大型ディスプレイやヘビーに使用しても1日余裕で持ってくれる大容量バッテリー、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUやどんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約23000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約203gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブラックが用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.8インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大2TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1600万画素+広角レンズがついた約500万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.2の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、メインカメラにはパンチホール式を採用しており、デュアルトーンLEDフラッシュ、ポートレートモード、スローモーション撮影、レーザーオートフォーカス、パノラマモード、ビューティーモード、ハイブリッド光学ズーム、光学式手ぶれ補正、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11で指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで冷却システムやイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「Samsung Galaxy F52 5G」とは?

“5Gは必要な端末だけに電波を届ける超高密度分散アンテナのビームフォーミング技術を採用していますので、4Gでは無理だった同時多接続というメリットを可能にしています。
その5Gに対応しているスマートフォンにはローエンドクラスからハイスペッククラスまで様々な機種がありますが、その中の一つに「Samsung Galaxy F52 5G」という5Gスマホがあり、どんな時間帯でも鮮明で美しい写真が撮影できる高性能カメラやバッテリー切れを心配せずに楽しめる大容量バッテリー、5Gの高速通信や高度な画像処理を実現する高性能CPUや明るいところでも見やすい高精細大型ディスプレイなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は約34000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約75ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8.4ミリ、重さ約199gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはホワイトとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2408×1080の約6.6インチTFT液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは25Wの急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 750G SM7225 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素+マクロ撮影ができる約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、スーパーナイトモード、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(One UI 3.1)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでイヤホンジャックやステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment

5G対応スマホの「Tencent nubia Red Magic 6R」とは?

“4Gスマホでのオンラインゲームでは遅延が生じやすくてストレスを感じやすくなりますが、5Gスマートフォンはオンライン中でも低遅延ですのでオンラインゲームでも気持ちよく楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンの一つに「Tencent nubia Red Magic 6R」という5Gスマホがあり、3Dゲームでもサクサクと動作する高性能CPUや広い画面で動画視聴を楽しむこともできる高精細大型ディスプレイ、安心して使用できる大容量バッテリーや被写体の細かいディテールまでも写し取れる高性能カメラなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM6GB/128GBが約52000円でRAM8GB/128GBが約57000円でRAM12GB/128GBが約62000円でRAM12GB/256GBが約67000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約169ミリ、厚さ約7.8ミリ、重さ約186gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが144Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは55Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GBモデルと8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約500万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値1.8の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(RedMagic OS 4.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

Posted in 未分類 | Leave a comment